trippen boots

こんばんは!
岡山の古着屋、ガレージパラダイスです!

追加したブーツの中からtrippenのブーツを紹介します!


SIZE 40
SOLDになりました、ありがとうございます

trippenは1992年にドイツ、ベルリンのアートギャラリーで靴職人マイスター資格を持つミヒャエル・エーラーとアンジェラ・シュピーツの2人によって木製靴を展示する事からスタートしたブランドです
人体構造学上、身体に最も良い作りでありながらファッショナブルかつシンプルなシューズを目指し、今や傑作靴として世界中で賞賛されています
trippen(トリッペン)の名前の由来は「よちよち歩き」という意味です
昔の貴婦人は雨の日に靴が汚れないように靴を履いた上からサボのような木靴を履いて”よちよち”歩いていました
トリッペンが最初に発表した「履けない木のサンダル」のコレクションが、この木靴をイメージしていました


自然なフォームは、足の形にそったもので、長時間履いていても快適な履き心地が持続します


ゴムソールは柔軟性と衝撃吸収を最大限に確保できるように成形されていて、コルク製の中敷は足だけでなく身体を支えるように解剖学的に形づくられています

こんなかわいい秋靴があると外に出るのがワクワクしますね!!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)